What is smartCON Planner

smartCON Planner for ARCHICADは施工検討を視覚化する、
仮設資機材の配置ツールと各種のGDLユーティリティーを搭載したARCHICAD専用のアドオンソフトウェアです。
仮設計画の3Dモデルを素早く作成し、検討時のスピーディーな意思決定と高精度な 計画立案を支援。
生産性の向上に貢献します。

   直感的操作

オブジェクトの配置・移動から仕様変更まで、クリック、ドラッグ&ドロップなどの簡単なマウス操作で行うことができ、モデリングにかかる時間を大幅に短縮します。
   PDCAが可能

従来、2D図面で行われていた施工計画時の検討を、すべて3Dモデル上で行うことができ、“建機と構築物が当たらないか”、“クレーンが届くか”などの検討もマウス操作で確認できます。
これによって施工計画の PDCAサイクルを素早く簡単に回すことができます。
   完全視覚化

施工計画を3Dモデルにし、完全に視覚化することで、関係者間の情報共有に役立ちます。図面の読み取りに不慣れな方にもより早く、正確な情報を伝えることが可能となります。

ラフテレーン、オールテレーン、クローラ、タワーなど、約200種類のクレーンデータを登録。マウス操作による姿勢変更や吊り位置での定格総荷重表示が可能です。

コンクリートポンプ車、生コン車、トラック、トレーラー、ダンプ、バックホーなどの建機や車両を登録。マウス操作で簡単に配置、仕様変更が可能です。

仮囲い、B型フェンス、パネルゲート、シートゲートなどのタイプを選択し、マウス操作で簡単に配置、仕様変更が可能です。

基本的な形状の枠組足場部材を登録。昇降階段やジャッキベース、ブラケット、筋違・手すりなどもワンクリックで3Dモデルに反映されます。

日建リース工業のNDシステムを収録。今後、様々な仮設リース会社の保有部品を収録予定です。

親杭横矢板、鋼矢板、SMWなどを登録。
山留めの仕様は辺単位で変更できます。

基本的な形状の腹起し、切梁、火打ちを登録。
マウス操作で簡単に配置、位置移動が可能です。

地盤アンカーの配置がマウス操作で簡単に行えます。
角度や長さなどの仕様変更も可能です。

構台の配置や各種設定がマウス操作で簡単に行えます。
大引きや支柱、勾配などの仕様変更も可能です。

手摺、カラーコーン、バリケード、親綱支柱などを登録。
マウス操作で簡単に配置、仕様変更が可能です。

基盤、地中梁などの構造体モデルから堀削形状を生成します。
根切図のモデル作成や堀削土量のモデル作成が可能です。

センクシアのハイベース部材を収録。配筋との納まり検討などに活用できます。

選択した部材の体積・重量の合計値を表示します。
部材変更後も更新ボタンのワンクリックで再計算が可能です。

設定した原点を基準に、モデル上の任意点のXYZ座標を表示します。
測定点のオブジェクトの移動時は座標値が再計算されます。